樹木葬

樹木葬というお墓のスタイルが最近人気だそうです。これはもともと、従来のお墓のように「〇〇家の墓」みたいな墓石があるお墓ではなく、遺骨を埋葬したところに樹木を植え、その気が墓石の代わりになるといった埋葬方法だそうです。

あるお寺の住職さんが、永代供養用にと、お寺が所有している里山にそのようなスタイルでお墓を作ったことが始まりだそうですが、最近では大きな木を目印として、その気の周りに複数の人を埋葬するようなものから、芝生を敷き詰めたところに小さく区画を設けて埋葬するなど、その様相は多様化してきているようです。

それでも、都会近辺の公園墓地などでもその人気は高く、多くの公園墓地でも施行を凝らした墓地作りがなされています。特に、ご夫婦だけで入れるような小さなお墓や、永代供養になっているものが多いので、生前から申し込みされる人も多いようです。

終活の一環として、どうしても外せないのがお葬式とお墓。自分の人生の最後も自分で設計したいという人は、樹木葬もチェックしておいてはいかがでしょう。

川口の永代供養のお墓